商品名 微酸性次亜塩素酸水 オレアアスファ水
原 料 次亜塩素酸ナトリウム(厚生労働省認可食品添加物殺菌料)
希塩酸(厚生労働省認可食品添加物)
ろ過水
p H 領 域 ほぼ中性(pH6.8~7.0)
濃 度 50ppm(超音波噴霧器・ウガイ・漱ぎ)
100ppm(一般的に使用)
200ppm(ノロウイルス嘔吐物処理用に使用)
用 途 除菌・消臭
分 類 一般雑貨
ご注文・お問い合わせ

ASFA

微酸性次亜塩素酸水アスファ

SGS殺菌試験 99.999%認証

微酸性次亜塩素酸水(HClO)のアスファ水は、細菌・真菌・ウイルスの細胞壁・細胞質膜を透過し内側から分解します。アルコールでは分解できないノロウイルスにも有効です。人体や環境に対する安全性が極めて高く、ホテルや病院、介護施設、保育園、学校施設、飲食店など様々な施設に導入いただいております。弱い菌から強い菌まで分解した後は成分が水に戻るので、手指の除菌・消毒、マスクなどの除菌にも安心してご使用いただけます。加湿器を使用した室内噴霧で空間除菌を実施すると、ウイルス感染予防・クラスター対策にも効果的です。SGSは、検査、検証、試験および認証分野の世界標準のリーディングカンパニーです。)



各種ウイルス不活化試験結果

ウイルス 遺伝情報物質 エンベローブ アスファ水濃度[ppm] 時間[分]
インフルエンザウイルス RNA 100 3
トリインフルエンザウイル(H7N1) RNA 50 1
ネコカリシウイルス(ノロウイルス代替ウイルス) RNA 200 10
ヒト単純疱疹ウイルス DNA 50 1
検査機関:K大学
ご注文・お問い合わせ

ASFA水の強力な除菌力と安全性

アスファ水は、次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)と希塩酸(HCl)を独自の技術で希釈混合した中性領域(pH6.8~7.0)に調整した微酸性次亜塩素酸水(HClO)です。
従来の殺菌剤である次亜塩素酸ナトリウム(次亜塩素酸イオン)はアルカリ性であるため、手荒れ・漂白・臭いなど人体などに影響を及ぼす恐れがありますが、アスファ水は中性領域に安定させることにより、菌・ウィルスの感染や悪臭の原因となる有機物の分解力に優れた次亜塩素酸分子を多く含んでおり、次亜塩素酸ナトリウム(次亜塩素酸イオン)の約80倍の分解速度で除菌します。そして除菌後は、成分が水に戻るために人体や環境に対しても無害となり安全性が極めて高いのです。



北海道CIC研究所がASFA水を選ぶ理由

次亜塩素酸水は、pH値・有効塩素濃度等によって「強酸性」「弱酸性」「微酸性」の3種類に定められていますが、この中で最も安全で殺菌効果が高いのが「微酸性次亜塩素酸水」であることが厚生労働省によって検証されています。これは「弱酸性次亜塩素酸」と比べて、次亜塩素酸分子の比率が高い「微酸性次亜塩素酸水」の方が有機物の分解速度が早く、細胞膜を透過しウィルス・菌などの有機物を分解した後は、成分が水に戻り、塩素が残留しないという安全性が評価されているのです。

中性領域で生成

pH6.8~7.0の中性領域で生成しているため、人体・動物・環境に優しく、無害な水溶液です。(ph6.8で出荷しています。)

塩素が残留しない

菌・ウイルス等の有機物を除菌した後は、すぐに水に戻る性質を持っているため、塩素が残留せず、安全にお使いいただけます。

空間噴霧で空間除菌

安全性が高いため、他塩素系商材では難しい、人がいる場所での空間噴霧が可能です。空間に噴霧することで周囲への感染や悪臭の広がりを阻止します。

短時間で強力除菌・消臭

浸け置きしなければならないアルカリ性の塩素系商材に比べ、80倍の速さで有機物を分解するため、除菌・消臭に即効性があります。


医師による試験・調査

川越耳科学研究所クリニック院長の坂田医師に、オレアアスファ水の下記試験・調査を実施していただきました。




一般消毒剤との比較(分解力と範囲)

オレアアスファ水は、有機物に対する分解力に優れ、細菌・真菌・ウイルスなど、弱い菌から強い菌まで、最も早く安全に分解します。アルコールでは分解できないノロウイルスにも有効です。




様々な施設・場所で利用いただけます。

オレアアスファ水は、最も安全で殺菌効果が高い「微酸性次亜塩素酸水」です。人体への影響が無害である等、安全性の高さから様々な施設と場所に導入いただいています。噴霧器やスプレーボトル等を利用して、簡単に身の回りの除菌・消臭対策が可能です。

病院

院内の感染予防対策、クラスター対策、医療機器への除菌、消臭対策として

介護施設

施設内の感染予防対策、クラスター対策、インフルエンザや ノロウイルスの感染対策、嘔吐物処理液、消臭対策として

調剤薬局

施設内の感染予防対策、クラスター対策、材料機械の衛生管理、手指洗浄用として

食品工場

施設内の感染予防対策、食品材料・機械の衛生管理、スタッフの手指洗浄用、消臭対策、床面の除菌清掃として

飲食店

施設内の感染予防対策、食中毒予防、調理器具の除菌、スタッフの手指洗浄用、消臭対策、床面の除菌清掃として

美容室・サロン

施設内の感染予防対策、各種器具の除菌、スタッフの手指洗浄用、床面の除菌清掃として

オフィス

オフィス内の感染予防対策、各種事務用品の除菌、スタッフの手指洗浄用、消臭対策として

ホテル・旅館

共有スペース・施設内の感染予防対策、室内の消臭対策・清掃全般、スタッフの手指洗浄用として

リビング

室内の感染予防対策、ソファーやカーテン・カーペットの除菌・消臭・抗カビ対策、手指洗浄用として

手すり・ドアノブ

手すりやドアノブなどの共有スペースの除菌・消臭対策として

赤ちゃんの環境

赤ちゃんの哺乳瓶をはじめ、衣類・寝具・ベビーカー・おもちゃ・ぬいぐるみなどの除菌・消臭対策として

マスク・衛生品

マスクなどの衛生品の除菌・消臭対策として
ご注文・お問い合わせ


豊富なエビデンスが証明する除菌力と安全性

オレアアスファ水は、最も安全で殺菌効果が高い「微酸性次亜塩素酸水」です。弊社では公的機関へ試験を依頼し、菌・ウイルスに対する効果をはじめ、動物・食品に対するデータを取得 する等、日頃より安全性への追求を行っております。
これまでに財団法人日本食品分析センターでの様々な菌やウイルスに対する菌体試験や安全性試験、及び株式会社分析センターでの塩素ガス発生量の測定を行い、全てに良好な結果が得られております。

雌マウスを用いた急性経口毒性試験

ウサギを用いた眼刺激性試験

ウサギを用いた皮膚一次性刺激性試験

ウイルス不活化試験

トリコフィトン・トンズランス菌

ゆで卵生菌検査

塩素ガス発生量の測定

手指洗浄による菌数変化試験

まな板の菌数検査






安心のPL保険(生産物賠償責任保険)加入

オレアアスファ水は、塩素系商材としては異例の(生産物賠償責任保険)1人3億円に加入しています(AIU保険会社)。
もちろん保険が適用されるような事故は今まで起きたことはございません。
それは、オレアアスファ水は、安全性にこだわって生成しているからです。原料の次亜塩素酸ナトリウムの飲料水の殺菌に使用できる品質の物を使い、原料から安全性を追求しております。それに加え、安全性の管理に厳しい老人施設や保育施設等への導入実績等が認められ、PL保険(生産物賠償責任保険)に加入しているのです。

要約書や安全データシート(MSDS)等の資料も用意しておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わ せ下さい。

要約書

安全データシート (MSDS)

噴霧器カタログ

総合カタログ (英語版)





管理の厳しいハラール認証を取得しました。

2015年3月12日、オレアアスファ水は「NPO法人 日本アジアハラ―ル協会(NAHA)*」よりハラ―ル商品として認定を受けました。
NAHA Reference Number (認定番号): F150312-1
2017年6月21日、マレーシアハラール認証団体JAKIMとの相互認証を取得しました
ハラ-ルはイスラム法で許された項目(もの=健全な商品・こと=行動・言語・活動)を意味します。ムスリム(イスラム教徒)の方々が日常生活において、口にするもの、身につけるもので、イスラム法で許可されているものがハラ-ルとなります。
ハラ-ル製品は、イスラム教の戒律で不浄なものとして禁じられている豚肉やアルコール類を使用・産出せずに製品化されたものですので、ムスリム消費者は安心・安全を確認した上で商品を使用することができます。
*2012年5月21日、「日本ハラール協会」は、ハラール審査が世界で一番厳しいとされているマレーシア政府ハラール認証機関(JAKIM)より承認されました。






食品にも安心してお使いいただけます。

オレアアスファ水は、食品添加物として認められており、急性経口毒性試験もクリアしているので、口に入っても問題ありません。除菌効果は超強力で吹き付けてから約60秒で、ほとんどの一般細菌やウイルスを不活性化・除菌させることができます。アルコールでは除菌できないノロウイルスにも効果を認められているので、厨房や調理器具の除菌、野菜の洗浄、リネンの除菌・消臭など、業種を問わず幅広く使用されています。素手で使用しても手荒れを起こさず、環境汚染リスクもありません。そして、漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)のような強烈な塩素臭もないため、食品の洗浄にも最適です。カット野菜や生肉・魚介類などに使用することで、食中毒対策と鮮度保持に抜群の効果を発揮します。さらに消臭力も抜群で、ニオイ菌も元から分解します。トイレや喫煙所、ゴミ置き場など、ニオイが気になる箇所は、噴霧器での空間消臭が効果的です。


食中毒を防止するためには、熱処理やアルコール消毒で十分ではありません。万が一、食中毒が発生した場合には、「営業許可の取り消し・営業停止(行政上の責任)」「被害者に対しての損害賠償(民事上の責任)」「罰金や懲罰(刑事上の責任)」などの社会的責任が発生するので、食中毒対策は極めて重要です。
厚生労働省によると、食中毒患者のうち約80%が、ノロウィルス、カンピロバクター(菌)サルモネラ属菌の3種のウイルスや細菌によるものと発表しています。ロタウイルスやノロウイルスに使える消毒薬は塩素系しかありません。これは、アルコール濃度70~80%がアルコール殺菌の適応範囲で60%を下回ると殺菌力は激減するからです。ほとんどのアルコール除菌剤は、アルコール税が高額(1L1000円)のために、50%強の濃度に香料やイソプロピルアルコールを混入させて製造しているので大変危険なのです。実際に食中毒を出した92%の飲食店が、50%強のアルコール除菌剤で消毒をしてるので、腸管出血性大腸菌(0-111)を発症させるなど危険な状況にあります。微酸性次亜塩素酸水で除菌することが極めて有効なのです。

商品名 微酸性次亜塩素酸水 オレアアスファ水
原 料 次亜塩素酸ナトリウム(厚生労働省認可食品添加物殺菌料)
希塩酸(厚生労働省認可食品添加物)
ろ過水
p H 領 域 ほぼ中性(pH6.8~7.0)
濃 度 50ppm(超音波噴霧器・ウガイ・漱ぎ)
100ppm(一般的に使用)
200ppm(ノロウイルス嘔吐物処理用に使用)
用 途 除菌・消臭
分 類 一般雑貨
ご注文・お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

クリーンルーム内で使用するウェアをはじめ、各種ケース・トレー類・パーツ類・冶具、マットレス、業務用の大型テントの洗浄など、あらゆるものをクリーンな状態に洗浄いたします。お気軽にお問い合わせください。